★楽天ヘアケア部門人気商品ベスト30★


発毛と生活習慣

発毛生活習慣には深い関係があります。

発毛を促すためには、やってはいけないことがいくつかあります。毎日発毛を促進するために髪に良いことを続けていても、それと同時に髪によくないことをしていては元も子もありません。

過度の飲酒は、発毛に悪影響です。飲酒そのものが髪によくないわけではありませんが、酒量が一定量を超えると血液循環が悪くなります。さらにお酒を飲みすぎると肝臓を酷使することになります。すると髪の毛を構成するたんぱく質の作られる量が減ってしまうのです。頭皮の健康のためにもお酒の飲み過ぎはほどほどにしましょう。

タバコの吸い過ぎも発毛によくありません。喫煙そのものが髪へ及ぼす影響は科学的に実証されてはいません。そうはいってもタバコの吸いすぎは血管を収縮させてしまいます。すると新しい髪を作るための栄養が行き渡らなくなるので、発毛にとってはあまりいいものではないのです。

過度のお酒とタバコは発毛だけでなく健康にも悪いので普段の生活習慣から見直しましょう。発毛にとって睡眠不足は悪影響です。反対に午後10時〜深夜2時ごろによく眠るようにすると、末端の細小動脈が拡張して新陳代謝が活発になるので、これは発毛にとって大変良い生活習慣だといえます。つまり髪は夜によく成長するということです。

過度のストレスは血管の収縮をさせ、脱毛の原因になってしまいます。また血管を収縮し頭皮の栄養が行き渡りにくくなる原因となりますので、ストレスは発毛にとってよくないものなのです。どんな形でもいいので普段の生活習慣でストレスを発散させることが発毛のためにいい方法です。バランスの取れた食生活、ストレスためないこと、よく眠ることが発毛のためには大切です。このような生活習慣は健康にも良い影響を与えるでしょう。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。